東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

ここから本文

【お買い物特集】とどける キモチ
〜地方新聞社のお取り寄せサイト“47CLUB”のお勧め店舗をご紹介〜

「ドライ納豆」のフォルッツァ|健康と安全のために考え続けた伝統食品の革新

株式会社フォルッツァ商品企画室長 長田国彦
オススメの組み合わせ:ビール×一味唐辛子味

写真

日本の食卓にはおなじみの納豆。
伝統的に食べ続けられてきた納豆は、良質の植物性タンパク質や大豆イソフラボンが含まれ、納豆菌の作用で大豆の栄養を効率良く吸収できる健康食品。ただ、その独特のねばりや匂いなどが、苦手な人には納豆を遠ざける原因にも。どんな人にも納豆に親しんで欲しいという思いを、たゆまぬ努力と工夫で「どらいなっとう」を生み出した商品企画室長の長田さんにそのこだわりと魅力を聞いた。

◆食べやすい「どらいなっとう」で腸活を

 納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれています。一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。また、カルシウムの吸収を促すビタミンKなども豊富で不足しがちな栄養素を摂ることのできる日本古来の健康食品として知られています。

 一方で、納豆のねばりや独特の匂いは苦手な人もいらっしゃるのではないでしょうか。特に関西では納豆を食べる文化があまりなく、苦手意識のある方が多い印象です。そんな方にも食べやすく工夫したのが、「どらいなっとう」です。温度管理をすることで、納豆菌を生きたままフライしています。サクサクとしたスナックの様な食感ですが、しっかりとお腹の中で納豆菌が活動します。


HACCP登録の工場で品質管理している。

写真

◆安心・安全・どらいなっとう

 「どらいなっとう」を美味しく安心して召し上がっていただきたいと思っています。そのため、弊社では製造工場のHACCP認証登録(※)をし、第三者審査登録機関による審査を実施。使用大豆の産地証明や残留農薬検査証明、原料の受け入れ検査などの製品検査に厳しい管理基準を設けています。また、安心という意味では、非常食としてもお使いいただけます。缶詰は未開封常温保存で製造から5年の賞味期限を設けています。非常時の不衛生な環境下では納豆菌が大腸菌などに対して優位なため、食中毒などの心配も軽減されます。非常時の備えにも適していますので、備蓄用の食品の中に入れておくと良いかもしれません。

※HACCPとは…事業者が食品の製造過程で安全性を確保する国際基準


写真

◆どらいなっとう、ぜひ楽しんで!

 「どらいなっとう」はそのまま食べても美味しいおつまみですが、色々な料理との組み合わせも楽しいですね。ふりかけとして熱々のご飯にかけたり、お味噌汁の具としても意外に合います。ベタつかないので、納豆チャーハンにされる方も。ご自身の楽しみ方を試していただけると嬉しいですね。私個人としては、疲れた日の晩酌にどらいなっとうが欠かせませんね。味のバリエーションもありますので、ビールだけでなく、ワインやウイスキーなんて組み合わせも楽しめますよ。ちなみに、ワインと梅味、ウイスキーとうすじお味は相性良いですね!(企画制作/東京新聞広告局)


おすすめ商品

写真

「どらいなっとう 六滋味撰」 40g×6缶 ¥3780

「ドライ納豆」のフォルッツァ 03-3263-7331

ご購入はこちらから
47CLUB 「ドライ納豆」のフォルッツァ

 

この記事を印刷する