遷宮記念シンポジウムin出雲 伊勢神宮と出雲大社 ~遥かなる神社建築の源流を求めて~

60年ぶりとなる出雲大社(出雲市大社町)の平成の大遷宮「本殿遷座祭」と、20年に1度の伊勢神宮(三重県伊勢市)の式年遷宮。今年、重なった二大神事を記念したシンポジウム「伊勢神宮と出雲大社~遙(はる)かなる神社建築の源流を求めて~」(主催・山陰中央新報社、中日新聞社)が去る4月20日、出雲市塩冶有原町2丁目の出雲市民会館で開かれた。一昨年に東京、昨年に名古屋で開催したのに続く第3弾。最終回となる今回は、千家和比古・出雲大社権宮司による特別講演や黒田龍二・神戸大学大学院工学研究科教授の基調講演、女優で國學院大學客員教授の浅野温子さんの「よみ語り」に加え、元NHKエグゼクティブアナウンサーで熊野神社宮司の宮田修氏の司会で、新谷尚紀・國學院大學文学部教授、櫻井治男・皇學館大学文学部教授、錦田剛志・島根県神社庁参事に、黒田氏と浅野さんが加わったパネルディスカッションを開催。遷宮の意義、思いを語り、詰め掛けた1200人を引き込んだ。

基調講演

「起源をくりかえす御遷宮~伊勢神宮と出雲大社~」

講師
千家 和比古(せんげよしひこ)
(出雲大社権宮司)

 御遷宮は神殿の御造替・御修造という物理的な見える形あるものが新しく変わることに注目されがちですが、起源を繰り返すというところに大切な意味があり、御造替・御修造はその起源再現の一構成要素です。夫婦や家族の始まりの時には皆さんそれぞれに理想の未来像を描かれますが、既にそこには始まりの勢い・活力という理想が現われ存在しています。神祭りにもその起源に理想の姿があり、同じくそこには始まりが有する活力、勢いが潜んでいます。御遷宮は、その起源を繰り返すことで勢いを取り戻し復活し、これからの未来を生きようとする、未来を志向する生き直しの画期、契機ということなのです。

 日本書紀による伊勢神宮の起源伝承は、大国主神の国譲りによって天つ神に地上の政事(まつりごと)が委ねられ、それによる天孫降臨で天照大神は御子に宝鏡を授けて、地上ではこの鏡を自分と思ってお祀(まつ)りしなさいとの指示が先ずあります。やがて垂仁天皇の時代になって祭りの場の適地が巡り求められ、倭姫命(やまとひめのみこと)が伊勢の国に至ると天照大神がこの地が良いということで、以来、現在に至る伊勢神宮としてお祀りされる起源伝承です。

 ただその地は、在来本来的に地霊・土地神が鎮まっている土地です。すると、ここで必要なのが地霊・土地神に対しての古典、民俗で知られる土地占めの儀礼です。そこで、私が注目するのは心御柱であり、これに関るお祭りの時間です。心御柱御用材を伐り出す祭り、土地鎮めをして心御柱を立てる祭りは夜の祭儀です。伊勢神宮の御遷宮に関わる全体のお祭りで、これ以外に夜に行うのは遷座祭だけです。夜の祭儀は、神様の活動そのものに関るものであり、心御柱関連祭儀が夜ということはそれが神様の活動に直接的に関わるものだからです。

 それらを踏まえると、本年10月2日の伊勢神宮の遷座祭という祭儀は、伊勢を鎮座の地と定められた天照大神の姿を現したもので、心御柱は土地占め儀礼の表徴柱、旧殿から新殿への御遷座は倭姫命の巡行の再現として、伊勢神宮の鎮座起源伝承を目に見える儀礼構図の中に再現していると理解します。

 出雲大社の場合は、二つの造営起源の伝承があり、古事記の根の国からの脱出譚に出てくる須佐之男命の言葉による在地での造営という伝承と、もう一つは日本書紀にある国譲り後の国家意志による造営の起源伝承で、高大な神殿の縁起契機となるのが後者にあります。

 大国主神から天つ神側への譲りが「国譲り」表現で、逆に天つ神側から大国主神への譲りは「神譲り」と表現できます。それがまず第一で、そして例外的に神殿建築や神社祭祀に関わる付帯事項が詳細に出てきます。そこにある「柱は高く太し。板は廣く厚くせむ」の一節は、神譲りを受けた神の神殿はその神格からして高大性が要請されるという心意であり、国家意志として目に見える形で大きな建物を造営しなければならなかった、と理解できます。

 高大な神殿に重要なのは、神殿内の真ん中にそそり立つ岩根御柱(いわねみはしら)。出雲大社に残る金輪御造営差図や、2000(平成12)年に発掘された3本を束ねた柱のような文字通り巨大な柱で、出雲大社では中世以降、心御柱とも言っています。大国主神は神譲りを受けられて神事(かみのこと)を治める神様になられ、その領域がその様態から地下~地上~天~天上と岩根御柱に収斂して世界樹・宇宙樹的表徴され、さらにまたこの柱が起源伝承で神殿に設えられる橋として記録される三つの橋のうちの高天原の天の安河に関る「打橋」に比定できれば高天原に通じる道として理解されるなど、神譲りを受けた出雲大社の御遷宮が繰り返し高大性を意識して造営されてきたのも、国家意志による造営の起源伝承への立ち帰りが意識され続けたからだと思います。

 結論として、伊勢神宮の心御柱、出雲大社の岩根御柱は、よく言われる神様の依代(よりしろ)としてあるのではなく、始まりの再現の中心象徴として立柱されたものであり、遷宮儀礼とは理想であり活力を胚胎する起源の伝承を祭の儀礼に表したもの、始まりの起源伝承における神々の心を現しているものと理解されます。そして、その活力、心は個人また共同体の再生に振り向けられ結ばれるものです。