東海エリアで圧倒的に支持される中日新聞社は、新聞販売店やドラゴンズなど読者に広く知られ、愛着集める数々のコンテンツを備えています。いずれも新聞広告にプラスαの大きな効果をもたらす最強のアプリケーションです。ターゲットや目的に応じて、多彩なクロスメディア戦略を可能とする「中日アプリ」をご活用ください。詳しくはhttp://www.tokyo-np.co.jp/approach/top/pdf/apli.pdfをご覧ください。  
 
「サントリー『金麦』花火特集」
 
中日新聞2012年7月14日付朝刊

 2年ぶりの開催となった長良川中日花火大会。人で溢れかえる会場の一部に、誰もが羨むひときわ輝くエリアが…。その名も「金麦特等席」。当大会では今回初登場。当選した幸運な80名が招待された。
 特等席は打ち上げ場対岸の絶好のエリアに設置され、金麦やソフトドリンクおかわり自由。さらにおつまみ入りお土産袋がもらえるなど、招待客にとって夢のような世界。
 その他にも、大型ビジョンでのCM放映やオリジナル仕掛け花火が行われるなど、花火会場は「金麦」色に染められた。
 大会終盤の仕掛け花火の時のこと。花火のBGMにお馴染みのCMソング「ビタースウィート・サンバ」が会場に流れると、音楽に合わせて金麦特等席からは自然と手拍子が。まさに金麦ファンの拡大を肌で感じた印象的なシーンであった。
 今回初めて、紙面広告特集に加えて、実際の会場プロモーションを実施。事前調整から当日運営まで多くの方々にご協力いただきました。ご協賛いただいたサントリー様、そして関係各署の皆様に改めて御礼申し上げます。

東京本社広告一部 竹内 慎太郎

金麦特等席

 

 

 
 
 


 
 
 
 
 
化粧品サンプル付き地域広告版「エスティローダー」を発行
月刊「KELLy」タイアップで相乗効果
 

 サンプル付き地域広告版を6月7日、中日新聞で初めて実施した。「引き換え券」の反響が良いと言われる東海エリアだが、サンプル現物が貼付され新聞に折り込まれた地域広告版は、読者にとってもインパクトは絶大で、その効果は抜群であった。東海エリア(5店舗)における発行初日から一週間の売上は、前年比約1.6倍、新規顧客獲得率にいたっては約2倍を記録し、当月売上増に大いに貢献した。その後も月刊「KELLy」とのタイアップ効果もあり、売上をのばした。
サンプル付き地域広告版のセールスポイントは、①実際に使用しないと効果が分からない商品、②使う回数の多い商品、③エリア戦略が利く商品にダイレクトに効果が現れることだ。
 使えばその効果が分かる商品で、一度は使ってみたい高級品よりも使用頻度の高い日用品・消耗品(化粧品であればファンデーションなど使用率が高いもの)を中心に、東海エリアに特化したマーケティングをしたい商品を持つ企業に対して、新しいセールスツールとなりえるはずだ。
 今回、各所でご尽力頂いた皆様に感謝すると共に、さらなるプロモートを目指したい。

東京本社広告一部 家田 良二

 

 
 
 


 
 
 

 
遷宮記念シンポジウム「伊勢神宮と出雲大社」
 

 来年(平成25年)、伊勢神宮は20年に一度の式年遷宮を迎える。また時を同じくして、出雲大社ではおよそ60年に一度の「平成の大遷宮」にともなう本殿遷座祭が行われる。日本を代表する両宮の遷宮が重なるのを機に、島根県の地元紙である山陰中央新報社との共催でリレーシンポジウムを企画。昨年の東京開催に続く第二弾となる今回は、名古屋市公会堂を会場に5,200人を超える応募の中から選ばれた1,900人の読者が参加した。
 日本人が受け継いできた“遷宮”という祭儀を見つめ、そこから“今”を生きるヒントを探ることがこのシンポジウムのテーマ。なぜ遷宮を行うのか、我々日本人が受け継いできたものとは―。大学教授など専門家がそれぞれの立場から熱い議論を交わし、満員の会場は大いに盛り上がった。協賛社・協力団体・関連書籍販売ブースも人の波で溢れ、「遷宮」をテーマにしたコンテンツへの関心の高さをうかがい知ることができた。
 来年4月には、島根県にて第三弾の催しを開催予定。遷宮本番の年を盛り上げていきたい。

東京本社広告二部 大前 憲司


中日新聞・東京新聞2012年6月13日付朝刊
 
 

 
 
 


 
 
 

 
東京中日スポーツ・東京新聞「トヨタ86試乗モニター企画」
 
 東京中日スポーツ・東京新聞
 2012年4月30日付朝刊

 4月発売のトヨタ「86」の魅力を、栃木の観光と一緒に体感するレンタカープランを、トヨタレンタリース栃木がいち早く計画していたところ、東京中日スポーツが限定1組の試乗モニターを募集・載録する企画が実現した。那須での一日取材が条件でも、紙面やウェブ「F1エクスプレス」を見た応募者は首都圏のみならず愛知や三重も入れ100組近くに達した。その中から母親と小学生のお子様が試乗した第1弾を掲載後、読者や業界内で話題を呼び、トヨタが推進する「GAZOOムラ」もタイアップして第2弾の実施となった。今度は20代の男女がモニターとなった。
 なお、応募時に記入いただいた読者の「スポーツカーへの想い」は、性別も世代も多様で「トーチュウとスポーツカーが大好きな読者」像を示す貴重な資料となった。今、この財産はさっそく次の企画提案に繋がっている。

東京本社スポーツ部 長津 政宏
東京本社広告一部 倉内 佳郎
                     (現・東京本社営業推進部)

 

東京中日スポーツ2012年6月25日付
 
 

 
 
 


 
 
 
 

 

 
 
2012年7・8月号
(Vol.327)
 
〜東海のナンバーワン&オンリーワン〜

●世界無形文化遺産登録を目指す海女文化
 三重県鳥羽市の海女の数は日本一

岐阜県梅津市
世界遺産の村に感じる日欧の差
◆日本とヨーロッパ1◆

第3回中日新聞社広告大賞
受賞作品決定
AD BALLOON企画レポート

●中日新聞朝刊「大学の新聞」

●東京新聞朝刊「隅田川サミット」

●ぎふ清流国体・大会
 「岐阜市国体統一パンフレット
 (ジョイントパノラマ)
 &炬火リレースタート特集」

TOPICS

●中日AR・東京AR始動!

●6月12日より「中日新聞プラス」
 スタート!

Ad Research「J-MONITOR」
●ドアラが広告に登場!
 花王のロングセラー製品に再注目

広告受付スケジュール

中日グループ一般紙発行部数/
ABCレポート2011年7-12月平均販売部数