文・写真/増田幸弘(編集者)
 
 

「和田金」で出たすき焼き用の松阪牛。見事な大きさだった。

 
 
   

三重県松阪市

松阪牛を食すには

 
   

 ぼくの妻はとても食いしん坊で、若いころ、初任給を握りしめてステーキを食べに神戸まで行ったのだと、思い出したように言う。かれこれ30年ほど前のことだが、ちょうどそのころ「神戸ビーフ」のブランドが確立し、全国的に知られるようになっていた。そこまでして食べた神戸ビーフは、とてもおいしいものだったらしい。
 いまや名声は世界中に広がり、プラハにある高級レストランにも「Kobe」とメニューに刻まれる。値段はもちろん「時価」。輸入品の値付けは現地の3倍という法則からすれば、きっとびっくりするような値段にちがいない。
 神戸ビーフと松阪牛、それに近江牛か米沢牛を加えて三大和牛と呼ぶ。実際、松阪と聞けば松阪牛をまず思い浮かべるほど、圧倒的な知名度を誇り、三重を代表する食材として名高い。松阪駅の売店を覗けば、松阪牛の駅弁が目に飛び込んでくる。売店のおばさんも笑顔で、すかさず松阪牛駅弁を勧める。しかし、だからといって、松阪の街に牛肉があふれているかといえば、不思議なことに、決してそんなことはない。
 駅から少し離れたところに、「和田金」はある。松阪牛の元祖だという。ほかにも「牛銀本店」などの老舗がある。いずれも立派な門構えで、一人で入るのは少々はばかられる。そこで名古屋の友だちと待ち合わせ、行くことにした。個室に案内され、「寿き焼」と当て字するすき焼きのコースを頼んだ。
 店の人が味つけからなにから、全部してくれる。砂糖をどさっと入れるのに、ちょっと焦る。案の定、ぼくにはいささか甘すぎた。これがこの地方のすき焼きなのかなと感じつつ、今度来るときは網焼きコースにしようと正直、思った。肉本来の味を試してみたかったのである。
 後日、松阪在住の友だちに和田金に行った話をしたら、驚いていた。ずいぶん長いこと、松阪に住んでいながら、一度も行ったことがないという。それもそのはず、一人前1万円を軽く越える。庶民の食べ物ではないのだ。
 「松阪というと牛が有名ですけど、ぼくらにとって松阪名物は鶏なんです。甘い味噌だれでいただきます」
 と言って、鶏の焼き肉店に行かないかと誘う。表の顔は牛だけれども、素顔は鶏というところがおもしろい。それにすき焼きばかりではなく、鶏も甘いのだとすれば、郷土の味覚なのだろう。
 「松阪はホルモンも名物なんですよ。松阪牛のものですから、日本一のホルモンです」
 とも教えられる。せっかくなので松阪牛を求め、「一升びん」という焼き肉店に出向いた。一転、庶民的な佇まいで、地元の人たちで賑わう。ホルモンは苦手なので、カルビを一人前、それに「めし中」を頼む。炭火で焼くカルビには、味噌だれがかかっている。
 まずは一口。そして、どんぶり飯を掻き込む。味噌だれの味がご飯によく合い、食が進む。これが松阪牛かと感動するより、味噌の味が強く印象に残る。主役の肉より脇役の味噌が前に出ているわけである。
 そんなこともあって、松阪牛そのものの味はどんなものだろうとふと考える。現地で食べておきながら、真っ先に思い浮かぶのはお土産に買ったしぐれ煮だったりするのはなぜだろう。

 

 

「一升びん」のカルビには、独特の味噌だれが
かかっている。

 
2017年
9・10月号
(Vol.358)

●中日新聞朝刊●
 小学生の6人に1人が便秘症?
「子どもの便秘セミナー in 名古屋」

●中日新聞(東三河版)朝刊●
「とよはし版クールチョイス
こどもエコ見学会」

●東京新聞TODAY●
 会場で特集号の増刷を配布
初開催の「全国餃子まつり in かわさき」

~東海のナンバーワン&オンリーワン~

東海エリアの高い消費活動
特定44品目地域別合計で全国一

●中日新聞クラウドファンディングサイト
 『夢チューブ』がオープンしました!

●CHUNICHI Web、TOKYO Web
動画広告はじめました

AD BALLOON企画レポート

●中日新聞(知多版)朝刊●
 新聞×SNSで知多市の魅力を発信!
「ちょうどいいまち 知多Instagram
写真コンテスト」

●北陸中日新聞朝刊ほか●
 4県にまたがる歴史、伝説の息づく霊峰
「白山開山1300年特集」

●東京新聞朝刊●
 パーソナリティに密着取材
 聴く朝刊「森本毅郎・スタンバイ!」

●中日新聞(三重版)朝刊●
「四日市市制施行120周年特集」

Media Reseach

お祝い広告の、営業的価値
 ──アスリートはみんな、
「地元代表」です

広告受付スケジュール

中日グループ一般紙発行部数/
ABCレポート2017年1-6月
平均販売部数