APPROACH 2017
29/68

27「名古屋の新しい顔」出揃うJRゲートタワー&グローバルゲート★ 名古屋駅の新しい顔となる地上46階・地下6階建の超高層複合ビル「JRゲートタワー」の建設が進んでいます。同タワーは、オフィス(26~44階)、ホテル(18~24階・350室)、商業施設(2~13階)で構成。将来、リニア中央新幹線が開通する名古屋駅に直結し、バスターミナルを地上1階レベルに再整備するなど、ターミナル機能強化を図っています。2017年4月に商業施設の開業を予定しており、機能性に配慮した明るく開放的な空間デザインが施されるほか、先端技術を用いた強固なビル構造、非常時を想定した様々な設備などで災害への備え施されているほか、環境面においても高い環境性能を有する最先端の省エネビルです。 また、JR名古屋駅南の再開発「ささしまライブ24地区」に複合高層ビル「グローバルゲート」が建設中。2017年3月竣工、同年10月開業予定。 ささしまライブ24地区の中核施設に位置づけられ、同地区のコンセプトである「国際歓迎・交流拠点」の形成や「賑わいのあるまちづくり」を実現するために、カンファレンス機能をもったホテル(170室、2017年秋開業予定)やオフィス、商業施設などを整備。地域環境や都市防災に配慮した開発を通して、社会的使命を果たすことが目的とされ、都市再生特別地区、民間都市再生事業計画、住宅・建築物省CO2推進事業の適用を受けています。ビルはウエストタワー棟(地上36階:オフィスは6~29階、ホテルは31~36階、地下2階、塔屋2階)、イーストタワー棟(地上17階、地下2階、塔屋2階)、低層棟(地上4階、地下2階)の3棟で構成されます。 東海エリアの紹介開発が進む名古屋駅周辺。2017年にはJRゲートタワーやグローバルゲートも完成します。その他、日本では初となるLEGOLAND®Japanもオープンするなど、発展し続ける愛知県から目が離せません。グローバルゲートミッドランドスクエア大名古屋ビルヂングJRセントラルタワーズJRゲートタワーJPタワー名古屋

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です