東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > Chunichi/Tokyo Bookweb > 書く人 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【書く人】

性暴力、罪の意識どこに 『彼女は頭が悪いから』 作家・姫野カオルコさん

写真

 今夏の発売以来、着実に読者を増やし続けている。読みながら、気持ちがどんどん重くなる。でも、最後までやめられない。

 本書は、二〇一六年に、東大生五人が逮捕された強制わいせつ事件に着想を得て書かれた。「裸にした女性に熱いカップラーメンをかけた」「肛門を割り箸でつついた」…。ニュースを聞いた姫野さんは「これまでの集団レイプ事件とは『何かが違う』と感じた」という。自分なりに報道を調べ、取材した記者に話を聞き、裁判を傍聴した。

 「当初、小説の題材にするつもりはなかった。関係者は司法の場で裁かれ、有罪となり終結した。この本は現実の事件とは無関係です。でも、いろいろなことを考えさせられたんです」

 主人公は、平凡な家庭に生まれた女子大生の美咲と、官僚の父を持つ東大生のつばさ。偶然知り合い、後に被害者と加害者になる。

 物語は、二人が中学生の時からスタート。「事件」が起きるまでの生活や心の内、周囲の人々の動きを丁寧につづる。数年がかりの日常描写はまどろっこしくさえある。だがそのおかげで、「エリート学生の性犯罪」という陳腐なイメージは粉々に打ち砕かれる。

 この種の事件が起きると、ネットでは「のこのこついていった女が悪い」と誹謗(ひぼう)中傷が吹き荒れる。本書でも、同じことが起きる。読者はつい、被害者の美咲に感情移入してしまう。だが姫野さんは「加害者の嫌な部分は、私の中に存在する」と断言する。「執筆中は登場人物が勝手に動く感覚があるのですが、結局は私が書いている。誰もが加害者の部分を持つのでは」

 東大生のつばさは「受験技術に益のないことが気になるようでは負ける」ため、「心はぴかぴかしてつるつる」している。他人の痛みは感じない。だから、号泣する被害者を笑いながら侮辱して、たたいたり蹴ったりしていても、どこにも罪の意識はない。

 そんな加害者たちに眉をひそめながら、自分自身はどうなのか、とふと振り返る。不確かなネット情報で、他人をジャッジしていないか。同じ価値観の仲間で固まり、そうではない人への想像力を欠いていないか。この本は、根深くはびこる学歴主義や貧富の格差、女性差別の闇をえぐり出す。加害者を生むのは、自分も構成員の、この社会の意識なのだ。

 文芸春秋・一八九〇円。 (出田阿生)

 

この記事を印刷する

PR情報