東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > Chunichi/Tokyo Bookweb > 書評 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【書評】

バッグをザックに持ち替えて 唯川恵 著

写真

◆「登ってみたい」背中そっと押す

[評者]市毛良枝=俳優

 登山家の故・田部井淳子(たべいじゅんこ)さんをモデルにした長編小説『淳子のてっぺん』(幻冬舎)を書いた著者が、自分の山をどう語るのかが楽しみで、ページをめくる。

 いきなり愛犬との出合いがつづられる。きっかけは犬…。いったい、どういう山の話…? 

 そう、「山にはまりました」と胸を張りながら、実はなかなか山には行かない。「行きたい」でも「無理かも」。行けば楽しい。なのにぐすぐす言いたい自分もいる。

 そんな思いが繰り返し交差し、ゆっくりと変わっていく著者の心境が描かれていく。どうも、あっという間に山岳乙女に変貌していくエッセーとは一味違うようだ。

 やがて、一念発起、用具をそろえる。そうそう、そうでなければ。しかし、ぐずぐずしているようでいて、山への思いは意外にも熱い。いつの間にか、名だたる山に登っては、しっかりキャリアを重ね、とうとうエベレスト街道の五千メートル峰にまで向かう。

 そこでも山屋(やまや)と呼ばれる人種とは一線を画し、山頂だけが山ではないと無理はしない。そんな程の良さもほほえましく、山に惹(ひ)かれて集う仲間とともにどんどん山にはまりこんでいく描写は、さすが、山好きの心をくすぐるに十分である。

 山は夫婦間にも影響を与え、尊敬を込めて「リーダー」と呼ぶ夫の「山では最悪の事態を想定して、最良の準備をして行け」というアドバイスにも抜かりなく触れる。

 重ねた経験には無駄がない。山はやっぱり素晴らしい。

 気負うことなく山の楽しさを語る著者の言葉は、「山なんて…」と思い、「登ってみたいけど無理!」としりごみする、山を知らない人たちの背中もそっと押す。

 ぐずぐずしたっていい、頂上めざさなくたっていい、いろんな登り方がある。あなたはあなたのやり方でと、すべての読者に普遍的な夢も与える。

(光文社・1296円)

<ゆいかわ・けい> 小説家。著書『肩ごしの恋人』『愛に似たもの』など。

◆もう1冊 

植村直己著『青春を山に賭けて』(文春文庫)。冒険家になるまでの日々。 

 

この記事を印刷する

PR情報