東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

富津市長に高橋さん 接戦制し初当選 投票率は59・50%

初当選し、万歳する高橋恭市さん(中)=富津市で

写真

 任期満了に伴う富津市長選は二日、投開票され、無所属の新人で元副市長の高橋恭市さん(46)=自民、公明推薦=が、無所属新人で公認会計士の地引直輝さん(36)を破り、初当選した。当日有権者数は四万六十一人。投票率は59・50%で、過去最低だった前回57・01%を2・49ポイント上回った。

 高橋さんは、陣営が待機した市内のホテルの会場で支持者らと喜び合った。

 市長選は、現在三期目の佐久間清治市長が引退を表明したため、新人同士の一騎打ちとなった。

 高橋さんは二〇一三年から今年三月まで約三年、佐久間市長の下で副市長を務めた。また、浜田靖一衆院議員(自民)の秘書を長年務めたことから、行政や政治経験を強調した。

 副市長時代の一四年夏、市の財政危機が表面化。再建に向けて、市が今年一月に策定した経営改革プランについては継承を表明。社会保障費を抑制するため、特定健診の受診率向上など、健康都市づくりを訴えた。

 地引さんは前回に続き二回目の出馬。財政危機が問題化した際、高橋さんが執行部の一人だったことから、市政刷新を訴えたが、及ばなかった。 (北浜修)

◆富津市長選開票結果

当 12,124 高橋恭市 無 新<1>

  11,530 地引直輝 無 新 

  全票終了

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by