東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

森田知事、3選出馬へ 自民県議に支援を要請

森田健作知事

写真

 来年四月四日の任期満了に伴う知事選で、森田健作知事(66)が八日夜に千葉市内で開かれた自民党の会合で、「もう一期チャンスを」と支援を要請し、三選に向け立候補する意向を示した。複数の出席者が明らかにした。森田知事は九日、記者団に「同じ仲間。決意した時は力を貸してほしい、と話した」と語った。

 会合は、県議会自民党の最大グループで三十人超が所属する「県盛会」が開いた。出席した県連幹部は「知事から、今後ともよろしくとの発言があった」と語った。この幹部は要請に応じるとした上で、会合に出席した議員に、それぞれの地区で選挙支援の準備をするよう呼びかけたという。

 別の出席者は「県盛会は選挙で知事を支援してきたのに、(知事のコミュニケーションが疎遠で)イライラしていた。『皆さんと一緒に』と言われ、スッキリした」と話した。

 森田知事は三選出馬について再三意欲は見せているものの、「年内はじっくり考え、年明けに気持ちを決めたい」として、正式な表明には至っていない。

 民進党の県議会議員会は九日、二期目の森田県政について「評価できない部分もあるが、おおむねそつなく県政運営を行っている」と一定の評価をした。議員会は結果を県連に報告し、県連が年明けにも知事選での対応を判断する。

 前回知事選は、民進党(当時は民主党)は自主投票だった。これまで表立った独自候補擁立の動きはなく、同党のベテラン県議は「自主投票の公算が大きくなった」と話した。

 知事選を巡っては、浦安市の松崎秀樹市長が出馬に意欲を示しているほか、元県立高校校長の皆川真一郎さん(62)が立候補を表明している。 (服部利崇)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by