東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市民目線で松戸をPRしよう 市がCM動画募集 大賞は渋谷で放映

昨年秋に松戸市のイベントCMを流した渋谷駅前の大型ビジョン。公募CMの大賞作品もここで放映する=東京都渋谷区で

写真

 松戸市は一日から、松戸をPRするオリジナルのCM動画の募集を始めた。行政が伝えきれない、ないしは気付いていない魅力を、市民や民間の目線で発信する企画。大賞作品は、東京・JR渋谷駅前のスクランブル交差点にある国内最大級の街頭ビジョンで放映される。

 市は二〇一五年十月から、若い世代を中心に同市に呼び込もうと、都内のJRや地下鉄の駅にあるデジタルサイネージ(電子看板)、渋谷の街頭ビジョン、近隣自治体の映画館でCM動画などを流してきた。

 募集するCMは、松戸市の魅力をPRする内容であれば、実写やアニメなど形式は自由。応募者も市内外、個人・団体、プロ・アマを問わない。ただし時間は十五秒。

 応募方法は、作品を動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開し、市にネットの接続先(URLなど)などをメールで伝える。DVD−Rなどの記録媒体に保存して郵送してもいい。

 大賞を含め入賞作品五点は、松戸駅前の電子看板や市ホームページ(HP)、イベントなどで流してPRに役立てる。応募作品も市HPで公開する。締め切りは二月二十八日。三月中旬に入賞作品を決める。大賞の渋谷での放映は三月二十七日〜四月二日の予定で、午前七時から午前零時まで十五分に一回流れる。問い合わせは市シティプロモーション担当室=電047(366)7320=へ。 (飯田克志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by