東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

点検ロボを千葉工大と大成建設が開発 小型化、天井裏の作業効率化

段差や狭い空間を進む点検ロボットの実演=千葉工業大で

写真

 千葉工業大学(習志野市)は、工場などの天井裏を点検する小型の探査ロボット「CHERI(シェリ)」を、大成建設(東京)と共同で開発した。東京電力福島第一原発の事故処理で原子炉建屋内を調査したロボットの技術を応用。段差のある狭い空間を遠隔操作で進む。人手不足が深刻化する点検現場で作業の効率化が期待される。

 ロボットは全長三十五センチ、高さ九センチで重さは四・五キロ。原発ロボの十分の一程度の重量に小型化した。本体二カ所と四隅の計六カ所に駆動部があり、天井裏にある配管や空調ダクトなどの障害を通り抜けられる。ゲーム機のコントローラーのような無線端末で走行とカメラを操作でき、離れた場所から映像を見られる。

 天井裏は軽い素材を使っているため強度が小さく、人が中に入ると抜け落ちる危険があり、障害物で奥に進むのが難しい。これまでは作業員二、三人が数カ所の天板を開け、目視で確認するなどしていた。ロボットだと六畳間スペースで十五分で確認できるという。

 同大の東京スカイツリータウンキャンパス(東京都墨田区)での記者発表会で、未来ロボット技術研究センターの古田貴之所長は「カメラが上下に動くので、建物の劣化具合や災害時の損傷の程度を詳細にのぞき込むことができる」と話した。

 大成建設によると、東日本大震災以降、調査会社に工場や商業施設から検査の依頼が増えているうえ、建築基準法の改正で一部大型施設に定期点検が義務付けられ、需要が拡大するとみられる。夏以降の現場導入を目指すが、将来的には製造コストを一台百万円程度に下げられるかが課題となる。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報