東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

浦安の未来像 舌戦 市長選告示 3氏が届け出

写真

 前市長の知事選立候補に伴う浦安市長選は十九日告示され、いずれも無所属新人で、元市議の折本ひとみさん(59)、元県議の内田悦嗣(えつし)さん(52)=自民、公明推薦、元市議の岡野純子さん(38)の三人が立候補を届け出た。同日告示の市議補選(被選挙数二)には五人が立候補した。 (保母哲)

 四度目の市長選挑戦となった折本さんは、JR新浦安駅南口で「浦安をスペシャルな街に」と声を張り上げた。五期十八年にわたり市長を務め、知事選へ転じた松崎秀樹前市長(67)に言及、「トップダウンの行政を続けた」と批判した。

 内田さんは事務所近くの神社で出陣式。市職員、市議、県議を通算二十九年務めたことを引き合いに「長く街づくりに携わってきた」と実績を強調。「住んで良かった、と言ってもらえる街づくりを進める」と力を込めた。

 岡野さんはJR新浦安駅南口で、横に松崎前市長が控える中、選挙カーの上から第一声。若さや女性の視点、二人の娘の子育て中であることをPRしながら「住んでいる人が誇らしく感じられ、活気のある街にしたい」と訴えた。

 市議補選に立候補したのは元職一人、新人四人の計五人で、党派別は民進一人、無所属四人。

 投票はいずれも知事選と同じ二十六日、市内三十一カ所で行われ、午後九時から市総合体育館で即日開票される。選挙人名簿登録者数は十三万四千九百三十二人(十八日現在)。

◇浦安市長選立候補者(届け出順)

折本ひとみ(おりもと) 59 無新 

  保育園園長(元)市議・シーサイドライオンズクラブ会長▽日本女子大  

 <公約>(1)浦安版こども園の創設(2)市のブランド向上(3)液状化対策見直し(4)廃校を活用した児童・高齢者・障害者施設の一体運営(5)情報公開の徹底    

内田悦嗣(うちだえつし) 52 無新 

  会社役員(元)県議・市議・青年会議所理事長・市職員▽国学院大    =自公

 <公約>(1)保育など子育て支援の充実(2)中小企業など活力ある産業のサポート(3)鉄道3駅の機能強化(4)災害に強いまちづくり(5)水辺など自然環境の整備  

岡野純子(おかのじゅんこ) 38 無新 

  (元)市議・NHK松山放送局アナウンサー▽同志社大         

 <公約>(1)液状化対策の継続(2)健康寿命日本一を目指す(3)共働き世帯の育児ストレス解消(4)子どものいじめ対策の徹底(5)元町地区の再整備の推進     

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報