東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

広大な三番瀬表現 岡部さん最優秀賞 船橋で写真コンテスト

写真

 船橋市公園協会が、市内のふなばし三番瀬海浜公園を舞台に募集した「フォトコンテスト2017」の審査があり、最優秀賞(同協会理事長賞)に東京都江戸川区の岡部孝彦さん(53)の「九夏三伏(きゅうかさんぷく)」が選ばれた。各賞と応募のあった全作品は四月三十日まで、同公園仮設管理事務所に展示されている。

 八回目となった今回は、三番瀬を含む海浜公園と富士山の二部門に、県内外から計二百七十点の応募があった。

 岡部さんは趣味の写真を始めて五年ほど。月に二、三回、撮影のため三番瀬に足を運んでいる。九夏三伏は夏の盛りを意味し、作品には澄んだ青空と白いワンピース姿の女性を収め、「広大な三番瀬の風景を表現したかった」とコメントした。作品に写っているのは娘という。写真展の問い合わせは同公園管理事務所=電047(435)0828=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by