東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

マンホールカードで市川愛を 市が2000枚を無料配布

無料配布される市川市のマンホールカード(表面)

写真

 下水道マンホールのふたをあしらった、市川市の「マンホールカード」の無料配布が4日から始まった。郷土色豊かな地域の名所や名産品を施したコレクション用カードで、全国各地で発行されている。市は「下水道に興味を持ってもらうとともに、市川への愛着を深めてもらえれば」と話している。

 マンホールカードは名刺より一回り大きなサイズで、縦8.8センチ、横6.3センチ。表面にふたの写真とマンホールの位置情報(経度と緯度)を、裏面にデザインの由来などが記されている。

 市川市のデザインは、かつて市中央部の市川砂州に多く自生し、市の木であるクロマツと、市民の花バラ。裏面には写真もあしらわれている。配布は2000枚。

 マンホールカードは2016年4月以来、国土交通省と下水道のPR団体・下水道広報プラットホーム(東京)などが、各地の自治体とともに発行・配布している。今春は全国42自治体が計50種類の発行を予定しているという。

 配布場所はJR市川駅北側の「いちかわ観光・物産案内所」。問い合わせは、市下水道経営課=電047(334)1111=へ。  (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by