東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

日ハム新入団選手の手形掲示 8人分が新鎌ケ谷駅自由通路に

掲示板に取り付けられる新入団選手の手形=鎌ケ谷市で

写真

 プロ野球日本ハムの新入団選手八人の手形が、二軍本拠地である鎌ケ谷市の新鎌ケ谷駅自由通路に掲示された。二〇一一年から毎年、市が作製しており、今回の八選手分を含めると、手形は計五十二枚になった。

 新たに掲示されたのは、ドラフト一位の堀瑞輝投手をはじめ、石井一成、高良一輝、森山恵佑、高山優希、郡(こおり)拓也、玉井大翔(たいしょう)、今井順之助の各選手。手形は銅版製(縦二十九センチ、横二十一センチ)で、一月の新入団選手歓迎式典の際に型取りした。

 これまで掲示された大谷翔平選手や斎藤佑樹投手らの手形は、市内の福太郎アリーナで見ることができる。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報