東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

千葉市、区役所やモノレール駅に宅配便ロッカー設置 再配達増に対応

登録したメールアドレスに送られるパスワードを入力し、荷物が受け取れる宅配便ロッカー=千葉市美浜区役所で

写真

 千葉市は、再配達先として区役所や千葉都市モノレールの駅などに共用の宅配便ロッカーを設置し、無料で利用できるサービスを五日から始めた。不在による再配達の増加で配達員の負担増が問題となる中、市民が荷物を受け取りやすい区役所や駅を活用。再配達を減らすことで、二酸化炭素(CO2)排出量の削減にもつなげたい考えだ。

 ロッカーが設置されたのは、美浜区役所と緑区役所、高洲コミュニティセンター、千葉都市モノレールの作草部駅、みつわ台駅、都賀駅の計六カ所。高洲コミュニティセンターは今月中旬以降から利用できる。駅では始発から終電まで、その他の施設では二十四時間受け取れる。

 ヤマト運輸の「クロネコメンバーズ」に登録者が不在時の再配達先として指定でき、保管期間は三日間。大きさは三辺の合計百センチ、重さ十キロまで。登録にはメールアドレスが必要で、送付された四桁の数字パスワードでロッカーの鍵を開けて受け取る仕組み。市は今後、利用可能な業者を増やす予定。

 ロッカーのサービスを管理、運用する「パックシティ・ジャパン」社によると、昨年七月から今年二月末までに首都圏を中心に同様のロッカーを約二百台設置した。区役所に設置した例は他になく、担当者は「自販機と同じ感覚で、帰宅途中などに利用してもらいたい」と話している。

 市政策企画課によると、美浜区役所の周辺は大規模集合住宅地で、築四十〜五十年の建物も多く、宅配ボックスがないことなどの事情を考慮した。徒歩や自転車で周辺を通る市民が使いやすいよう、鉄道の駅が近い美浜、緑の両区役所や高洲コミュニティセンターを選んだという。

 同課は「市民の利便性を高めることが狙いだが、運送会社側の負担の軽減や環境への配慮への効果も期待できる。利用状況を見ながら、行政サービスとしての拡大も検討していきたい」と話している。(柚木まり)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by