東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

音こだわり 駅前ホール 民間ビル内に浦安市が完成

完成した浦安音楽ホール内のコンサートホール=浦安市で

写真

 浦安市が、JR新浦安駅南口に整備していた「浦安音楽ホール」が完成した。音響に配慮した二つのホールのほか、五つのスタジオを備える。民間ビルの四〜七階を借り、指定管理者が運営する。

 浦安音楽ホールが入居するのは、同駅から徒歩一分の「新浦安TKビルディング」内。六〜七階のコンサートホールは三百三席で、ステージ上の照明は音が跳ね返るようにデザインされ、ホール壁面は残響音を計算したという。四階のハーモニーホールは可動式の二百一席で、客席は収納式のため講演会や演劇など多目的に利用できる。五階はハーモニーホールの上部とロビー。

 市有地を民間に売却し、鉄骨造り八階建てのビルを民間が建設した。延べ約九千平方メートルのうち、音楽ホールとして約三千八百平方メートルを活用する。市は内装などの設備工事費に十九億八千七百万円をかけ、賃借料は月額約千五百万円。指定管理の期間は三十年とし、当初五年間の委託料は約十三億円。

 二つのホールやスタジオでは土日を中心に、コンサートやワークショップなどさまざまなプログラムが組まれている。

  (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by