東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

女児殺害事件「単独犯とみて捜査」 容疑者逮捕で県警一問一答

記者会見する石井雅之県警捜査一課長(右)と鴨田喜明我孫子署長=我孫子市で

写真

 我孫子市北新田の排水路脇で、松戸市六実の小学三年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9つ)の遺体が見つかった事件は十四日、リンさんの通う小学校の保護者会長で、近くに住む自称不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)が死体遺棄容疑で逮捕されたことで、全容解明に向け大きく前進した。捜査本部の置かれた我孫子署には、朝から報道各社が詰め掛けた。記者会見した石井雅之県警捜査一課長、鴨田喜明署長との一問一答は次の通り。 (堀場達、黒籔香織)

−逮捕の決め手は。

 防犯ビデオの映像など、現場資料の分析や、関係者からの聴取といった所要の捜査を進めた結果。

−渋谷容疑者は容疑を認めているのか。

 認否いずれについても黙秘している。容疑者は何も話していない。

−遺体と、ランドセルなどの遺棄現場、リンさんの自宅周辺の三カ所は距離が離れているが、移動手段は。

 今後の捜査で明らかにしたい。渋谷容疑者の車を二台押収したが、それを使って遺棄したかどうかは捜査中。

−犯行時刻開始の推定時間が二十四日の午前八時三分となっているのは。

 リンさんの自宅の防犯カメラに、リンさんとみられる人物が写っていた時間。

−リンさんと面識はあるのか。

 捜査中。詳細は控える。

−渋谷容疑者一人での犯行か。

 現時点では単独犯とみている。根拠についての回答は差し控える。

−ベトナムに帰国中の遺族の反応は。

 国際電話でリンさんのお父さんに、渋谷容疑者の逮捕を伝えた。声を震わせながら「ありがとう」と答えてくれた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報