東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

松戸の女児殺害受け防犯強化策 市が総合教育会議

事件を受けて防犯強化策が示された総合教育会議。左から2人目が本郷谷健次市長=松戸市で

写真

 ベトナム国籍の松戸市立六実(むつみ)第二小三年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9つ)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件を受け、松戸市は二十四日、総合教育会議を開き、リンさんが通っていた学校を含め市内の小学校の通学路に防犯カメラを増設することや、市役所などが使っている公用車のドライブレコーダー搭載を増やすなどの防犯強化策が示された。 (飯田克志)

 総合教育会議は本郷谷健次市長が主宰し、伊藤純一教育長、三人の教育委員(二人は欠席)が児童生徒の安全対策をテーマに協議した。事件では、六実第二小保護者会の元会長(二十日任期終了)の渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)が死体遺棄容疑で逮捕されている。本郷谷市長は会議後の取材に、自主運営の組織の在り方などを市教育委員会や保護者会と協議していく意向を示した。

 市側が示した見守りの強化策によると、福祉系事業者の車両四百台ほどに「防犯パトロール実施中」のステッカーを張ってパトロールをしてもらう▽地域住民が見回る「青色パトカー」(運行は午後〜夜)に加え、市職員が青パトを使って登校の時間帯に巡回−などを実施する。

 防犯カメラの増設では、六実第二小の通学路に五月末までに三台を設置。この他、十月までに市内のほかの小学校の通学路に十八台を優先的に設置する。ドライブレコーダーは、搭載済みの市役所や支所で使う公用車三十五台に加え、二百三十一台に搭載する計画で、大半は夏ごろに取り付けを終える。防犯協会などが所有する青パト十八台にも搭載する。

 会議では、教育委員から、登校途中まで子どもに同行してもらうなど保護者の協力や、防犯の専門家を交えた対策の検討の必要性を指摘する意見があった。伊藤教育長は、子ども自身が危険を察知できるように「教育の質や安全の意識を転換していかないといけない」と述べた。

 会議の最後に、本郷谷市長が「家庭、地域、いろいろな人が連携を取っていくことが今まで以上に必要になっている」と述べ、さらに対策を検討していく方針を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報