東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

美術家の薮内さん、船橋市長選出馬へ 表明は4人目

薮内好さん

写真

 任期満了に伴う船橋市長選(六月十一日告示、同十八日投開票)に、美術家の薮内好(たかし)さん(69)が十七日、無所属で立候補することを表明した。市民団体「明るい船橋民主市政の会」が擁立し、共産党が推薦する。市長選での表明は四人目。

 市役所での記者会見で薮内さんは「市民の声に耳を傾け、市政を進めていく」と強調した。政策として、子育て・教育への投資、JR津田沼駅と新京成新津田沼駅とのアクセス改善、防災対策などを挙げた。

 薮内さんは京都市生まれ。金沢美術工芸大を卒業後、船橋市内の中学校で三十六年間、美術教師を務め、二〇〇五年からは十年間、千葉大教育学部で講師を務めた。

 市長選を巡っては、再選を目指す松戸徹市長(62)と西尾憲一県議(66)、元市議の門田正則さん(70)が立候補を表明している。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報