東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

壮観ユリ1万2500株 鴨川で見頃、カラフルに

妙法寺の仏舎利塔前の花畑で見頃を迎えたユリ=鴨川市で

写真

 鴨川市清澄の妙法寺仏舎利塔前で、ユリが見頃を迎え、白やオレンジ、赤紫などのユリが訪れた人たちをなごませている。十七日午前十時からは同所で「清澄ユリ鑑賞会」が開かれ、切り花や球根の販売などがある。

 地元住民らでつくる「清澄癒やしの里づくりの会」が二年前から、地域おこしの一助になればと、ユリを植え始め、現在は約千五百平方メートルに三十七種一万二千五百株が植えられている。

 会長の村尾信行さん(67)=同市清澄=は「昨年はシカの食害があったが、今年はきれいに咲いた。清澄の自然も楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 今年は五月下旬に開花。遅咲きの品種を含め、七月上旬ごろまで楽しめるという。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by