東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

正月用護摩札作り 年末までに60万体 新勝寺

写真

 成田市の成田山新勝寺で十五日、正月用の護摩札作りが早々と始まった。僧侶約三十人が交代で作業し、年末までに大小五種類の計六十万体を仕上げる。

 モミの白木の札に本尊の不動明王を表す梵字(ぼんじ)を成田山独特の書体で浄書し、家内安全や商売繁盛、交通安全などの願い事を記した紙を巻き、紅白の水引を掛けて完成させる。

 この日は寺の大広間で僧侶八人が静かに札に向き合い、筆を運んでいた。清水照住(しょうじゅう)さん(48)は「たくさんの方のお願い事が成就するよう、気持ちを込めて一つ一つ丁寧に書いています」と話した。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by