東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

青木功さん、山遊亭金太郎さん 我孫子市が任命「ふるさと大使」

青木功さん

写真

 我孫子市は、スポーツ選手や文化人らに市の魅力を発信してもらう「ふるさと大使」の制度を設け、同市出身で「世界のアオキ」として知られるプロゴルファー青木功さん(74)と、市内在住の落語家山遊亭金太郎さん(61)を、大使に任命した。青木大使の初仕事は我孫子ゴルフ倶楽部で開かれる第五十回日本女子オープンゴルフ選手権(二十八日〜十月一日)のPRだ。

 青木さんは、一九七六年以来、通算五度の賞金王に輝いたほか、米国でも優勝を重ね、二〇〇四年に日本人男子初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。一六年に日本ゴルフツアー機構の会長に就任。市によると、青木さんは同倶楽部でプロになるための研修生活を送るなど、ゆかりが深く、節目の選手権を盛り上げるための協力要請に応じた。

山遊亭金太郎さん(いずれも我孫子市提供)

写真

 山遊亭さんは、山形県小国町出身。一九七八年、故桂小南さんに入門し、八四年に、現在の芸名を襲名した。真打ち昇進後の九五年から我孫子市に住み、市内で毎月開かれている寄席「わいわい亭」に出演したり、恒例の市和太鼓まつりの司会を務めたりと、地元に密着した活動を長年続けている。公益社団法人の落語芸術協会監事。

 ふるさと大使の制度は、二〇一三年策定の市観光振興計画に基づき、つくられた。商観光業者らで構成する同計画推進委員会が、一四年から大使の人選などを検討してきたという。

 選手権開幕に先立ち、市は二十二日午後六時から、青木さんのトークショーと大使の任命式を、JR我孫子駅北口のあびこショッピングプラザの一階で開く。入場無料。山遊亭さんの任命式は二十七日午後三時半から市役所で。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by