東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

発着旅客数 過去最高 8月の成田空港 国内も好調

 八月の成田空港の航空機発着回数は二万二千百四十四回(前年同月比3%増)、航空旅客数は三百八十万九千百二十六人(同2%増)で、いずれも開港以来最高となった。

 成田国際空港会社がまとめた空港運用状況(速報値)によると、エアプサンが大邱(テグ)線を新規就航し、チェジュ航空やティーウェイ航空がソウル線を増便するなど、国際線のアジア方面が好調だった。

 国内線は大阪(関西)線や札幌(新千歳)線が好調で、国内線旅客数が七十四万一千四百二人(同8%増)と過去最高を記録した。

 国際航空貨物量は十八万七千二十七トン(同8%増)で、開港からの累計で六千万トン達成が迫っている。

  (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報