東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

スタンプ集め「ふなっしーどんぶり」 新京成電鉄など、ラーメン店巡りでプレゼント

新京成電鉄のスタンプラリーで贈られる「ふなっしーどんぶり&れんげセット」=同社提供

写真

 新京成電鉄(本社・鎌ケ谷市)などは今月から12月15日まで、沿線のラーメン店を巡ってもらうスタンプラリーを催す。スタンプを集めると、船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーをあしらったオリジナル「ふなっしーどんぶり&れんげセット」(非売品)がプレゼントされる。

 沿線にはラーメン店が多いとして、ふなっしーが12店舗を選んだ。全店舗のスタンプを集めればもれなく、3店舗だと抽選で300人に当たる。専用の台紙に最寄り駅のスタンプを押してラーメン店に提示すると、替え玉などのサービスが受けられる。応募締め切りは12月31日。

 また同社は、2018年版のオリジナルカレンダーを3000部製作した。ラッピング車両「ふなっしートレイン」の写真などを収めており、A2判で1部1000円(税込み)。10月1日からセブン−イレブン新京成ST10店舗で販売している。

 新京成線では現在、ふなっしーのラッピング車両「ふなっしートレイン」が運行中。当初は9月末までの予定だったが、好評のため12月末まで延長する。三咲駅に開設された「ふなっしートレイン部屋」も同様に延長される。

◆東葉高速鉄道 沿線風景をテーマに18年版カレンダー販売

東葉高速鉄道が作製した2018年版カレンダーの見本=同社提供

写真

 東葉高速鉄道(本社・八千代市)は、18年版のオリジナルカレンダーを作製した。10月1日から各駅窓口(西船橋駅を除く)で販売している。450部を製作し、1部800円(税込み)。

 開業20周年記念フォトコンテストとして「東葉高速鉄道と沿線風景」をテーマに、今年3〜5月に募集した写真コンテストの入賞作品を収録した。A3判の壁掛け形で、中央をホチキス留めした冊子状のため、中央で折り畳めばA4判になる。 (林容史、保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by