東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

未知のジャンルの音楽と出会いを! 船橋で22日、105組が演奏

「ふなばしミュージックストリート」への来場を呼びかける実行委員会のメンバー=船橋市で

写真

 「まちをもっと元気に」を掲げた「ふなばしミュージックストリート」が二十二日、JR船橋駅一帯など船橋市内の十六会場で開催される。関東各地などから審査で選ばれたミュージシャン百五組がロック、ポップス、ジャズ、合唱など多彩な音楽を奏でる。

 主催は、市民有志や音楽団体などでつくる実行委員会。今年で四回目となり、ボランティア約二百二十人が企画・運営に当たっている。メイン会場はJR船橋駅北側の天沼弁天池公園で、午前十時半にオープニング。各会場では十一時〜十一時半ごろに開場する。

 実行委員長でシンガー・ソングライターの小松優一さん(32)は「いろんなジャンルの音楽が聴け、新しい発見があるはず」と来場を呼びかけている。市の姉妹・友好都市である米ヘイワード市の私立モローカトリック高校ジャズアンサンブル、中国・西安市の青少年芸術団も参加する。

 主な会場は、船橋駅北口おまつり広場、船橋市民文化創造館(きららホール)、ららぽーとTOKYO−BAY、ビビット南船橋。グランドフィナーレは午後五時から船橋市民文化ホールである。

 問い合わせ先は、事務局の船橋市教委文化課=電047(436)2894。当日は専用電話=080(3316)5805=へ。各会場は原則無料。小雨決行。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報