東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<衆院選>小選挙区の期日前投票 前回比65%増の69万人

 県選挙管理委員会は二十一日、衆院選の県内小選挙区の期日前投票者数が、十一〜二十日の十日間で計六十九万三千百九十九人と、二〇一四年の前回衆院選と比べて二十七万四千六十七(65・38%)増えたと発表した。当日有権者数(見込み)に占める割合は約13%。

 大幅に増えた要因について、県選管の担当者は「期日前投票所を大型商業施設に設けるなど、十四カ所多い百六十六カ所にして利便性を高めたのが一因」とみている。

 市町村別で多かったのは、千葉市が約四万一千人増の十万二千九百九十九人。選挙区別では、12区が約二万五千人増の六万九百五十人だった。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報