東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<衆院選>自民圧勝 12選挙区制す 無所属、野田さん8選

 二十二日投開票された衆院選では、県内十三選挙区のうち、自民が十二選挙区で議席を確保し、圧勝した。民進から合流するなどした希望と立民は、選挙区で全敗した。4区に無所属で出馬した前首相の野田佳彦さんは、議席を死守した。 (衆院選取材班)

 自民は、十二選挙区で議席を確保した。農村部だけでなく、都市部でも各候補がテレビなどで「当選確実」の一報が伝えられると、次々と勝ち名乗りをあげた。連携協定を結んだ公明に選挙区で自民候補を応援してもらい、比例では公明に投票する「票のバーター」が奏功したとみられる。

 衆院解散時に選挙区で二、比例復活で二の計四議席だった民進。急きょ誕生した希望への合流、その流れに反した立民の結成に伴い、県内では候補者が両党と無所属の三つに分裂した。

 今回の衆院選は、与党の「自民・公明」と、野党の「希望・維新」「立民・共産・社民」の三極で戦いが繰り広げられた。しかし県内では複数の選挙区で野党が競合。自民に対し、野党候補二〜四人が挑む構図になった。

 希望は十二人が立候補したが、六つの選挙区で立民と対決になった。民進から希望に合流した田嶋要さんは、三回連続で選挙区で勝利していたが、今回は選挙区で敗れた。立民は六人を立てた。6区などで追い上げたが、選挙区で全敗した。

 民進、共産、自由、社民の野党四党は当初、自民に対抗するため、共闘を模索していた。しかし民進の離脱で枠組みが崩壊。共産、立民が一部の選挙区で候補者の一本化を実現し、相乗効果もみられた。社民や維新は、新党の注目度に押されて埋没してしまい、無党派層に支持を拡大できなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報