東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

松戸出身の舞妓さん「京都物産展おいでやす」 きょうから高島屋柏店

大京都展をPRするふく音さん。25、26日は舞を披露する=柏市役所で

写真

 京都市の花街宮川町(東山区)の舞妓(まいこ)で、松戸市出身のふく音さん(19)が、柏市末広町の高島屋柏店で25日に始まる物産展「大京都展」への来場を呼び掛けている。同日と26日には、舞を披露する。

 ふく音さんは松戸市の中学校を卒業後、京都で修業し、芸の道に入った。「舞妓姿で地元へ帰る機会はないので、すごくうれしい。物産展を機会に、こちらの方が京都へも来ていただけるよう宣伝したい思うてます」とみやびな京言葉で意気込みを語った。

 大京都展は25〜30日、同店の本館地下2階と3階特設会場で開かれ、京都の約50店舗が、自慢の食品や伝統工芸などを出品。ふく音さんは「短時間で回りきれへん、京都の魅力がぎゅっとまとまってはる。ぜひ来ておくれやす」とPRした。

 初日と26日は3階エントランスステージで、ふく音さんが「祇園小唄」「宇治茶」などの演目を舞う。各日午前11時、午後1時、2時半、4時の4回。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報