東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

院内感染の可能性否めず 緑膿菌検出で千葉大病院会見 死亡4人のうち3人

 千葉大病院(千葉市)で八月下旬以降に死亡した入院患者四人から多剤耐性緑膿(りょくのう)菌が検出された問題で、病院は二十七日、亡くなったのは四十〜六十代の男性で、四人のうち三人は院内感染の可能性を否定できないと発表した。

 千葉大病院によると、四人は呼吸不全や肝細胞がんによる重篤な状態で、少なくとも約三週間は同じ集中治療室(ICU)に入院していた。

 八月二十八日に六十代と四十代の男性から多剤耐性緑膿菌を検出し、それぞれ同二十九日と九月一日に死亡。この六十代男性と同二十日に死亡した五十代男性の菌の遺伝子型が一致したことなどから、三人は院内感染の可能性があると判断した。

 一方、同二十二日に死亡した別の六十代男性は、長期間の治療で抗菌薬の使用を続けざるを得ず、菌の耐性化が徐々に進んだとして、院内感染ではないと結論付けた。

 県庁で記者会見した市川智彦副病院長は「四人から菌が見つかったことをおわびする」と陳謝。死亡との因果関係は「病状悪化に影響した可能性があるものの、その程度を断定することは極めて困難」とした。

 多剤耐性緑膿菌は、複数の抗生物質が効かず、院内感染の原因となる。免疫力が弱まった状態で感染すると死亡することもあるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報