東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

手賀沼のうなきちさん ぬいぐるみが13日発売

初めて販売される「手賀沼のうなきちさん」のぬいぐるみ=我孫子市役所で

写真

 我孫子市は、マスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」のぬいぐるみを十三日から販売する。これまでのぬいぐるみは非売品だったが、人気上昇で「うちにもほしい」の声に応え、購入できるようにしたという。

 市は一昨年と昨年、うなきちさんのぬいぐるみを百体ずつ製作し、イベントなどの記念品として配ってきた。知名度が上がるのに従って「どこで買えるの?」といった問い合わせが寄せられるようになったため、今年は初めての販売を試みることにした。

 販売個数は八十体。百体分の製作発注費は二十三万円で、一体分の平均費用二千三百円を、販売価格として設定した。

 初日の十三日は市役所一階ロビーに販売ブースを置き、購入は一人一体に限定する。売れ残った場合は十四日以降、二階の「あびこの魅力発信室」で受け付け。販売時間は午前九時〜午後二時半。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報