東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市川の16チーム参加 23日まで熱戦を展開 小笠原道大杯争奪野球

選手宣誓する鬼越鬼高メッツ平田悠真主将=市川市で

写真

 中日ドラゴンズの小笠原道大二軍監督が主催する「小笠原道大杯争奪 第11回市川市少年野球秋季大会」(同市少年野球連盟など共催、東京新聞・東京中日スポーツなど後援)が五日、同市の妙典少年野球場で開幕した。市内の16チームが参加、二十三日の決勝戦まで熱戦を繰り広げる。

 開会式では選手を代表して鬼越鬼高メッツの平田悠真主将が「日頃の練習の成果を発揮し、支えてくださった方への感謝の気持ちを忘れずに、最後まで全力で戦います」と健闘を誓った。五日は同野球場などで8試合が行われた。 (中谷謙二)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報