東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

船橋市制施行80周年 市政記録映画11本上映

上映会と同時開催される写真展に出展される「国鉄船橋駅南口」(1958年撮影)=船橋市提供

写真

 船橋市の市制施行八十周年を記念し、市が一九五七年度から二〇〇三年度に製作した市政記録映画十一本の上映会が十一、十二日などに市内三会場で行われる。観覧無料。 

 製作当時の暮らしぶりやまち並み、市の施策などを紹介する映像で、一本当たりの上映時間は約三十分。市制施行当時、約四万三千人だった人口が、現在の約六十三万人の都市へと発展してきた経緯などを振り返る。

 十一、十二日の二和公民館と十二月の北部公民館で行われる上映会では、16ミリフィルムで五本を披露する。今月十八日からの市民ギャラリーでは全ての映画を随時上映し、各会場では、これまでの市の歩みを記録した写真展も開かれる。今月十九、二十三、二十六日には市民ギャラリーで特別講演もある。

 映像のタイトルは、五七年度が「躍進する船橋」(市制二十周年)、七三年度が「明日への船橋」、七七年度が「私たちのまち船橋」(市制四十周年)など。

 上映会の問い合わせは、船橋市広報課=電047(436)2015=へ。        (保母哲) 

 上映場所と日時は次の通り。

 ▽二和公民館 11日午前10時〜午後6時、12日午前10時〜午後5時▽市民ギャラリー 18〜26日の月〜金曜午前10時〜午後8時、土日祝日午前10時〜午後6時▽北部公民館 12月8日午前10時〜午後7時、同9日午前10時〜午後5時

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報