東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

成田第2ビル駅「二重改札」解消へ 19年度中 五輪に向け利便性向上

二重改札が解消されることになった空港第2ビル駅=成田市で

写真

 成田空港の空港第2ビル駅で、JRで到着した利用客がJRと京成電鉄の二つの改札を通らなければならない「二重改札」が、二〇一九年度中に解消される見通しになった。二〇年の東京五輪・パラリンピックを控え、増加が見込まれる訪日外国人らの利便性向上に向け、鉄道各社などが検討を進めてきた。

 二重改札となっているのは、JRを降りてから空港ビル内に向かうルート。JR出口改札を出た後、京成の出口改札を通過する構造になっている。空港利用者に身分証明書の提示を求める検問場が、京成の出口改札の先に設けられたためだ。一九九二年の駅開設以来、分かりにくくて立ち往生する利用者が外国人を中心に後を絶たず、混雑の一因になっていた。

 一五年三月に検問が廃止されたのを機に、JR東日本千葉支社や京成電鉄、成田国際空港会社、駅施設を所有する成田空港高速鉄道などが協議を重ねてきた。

 JR東日本千葉支社によると、一八年夏の着工、一九年度中の完了を目指す。

 同駅は空港の第二、第三旅客ターミナルの最寄り駅で、格安航空会社(LCC)の就航とともに利用者が増えている。(小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報