東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

変わる船橋駅前 「東武」にビックカメラ きょう開店

女性向けの家電製品などがそろえられた「ビックカメラ船橋東武店」=船橋市で

写真

 船橋市のJR船橋駅に直結する東武船橋店二、三階に十七日、家電量販店ビックカメラがオープンする。駅南口では来年二月、JR東日本などの複合ビルが開業するものの、隣接する西武船橋店は同じ二月末で閉店。跡地は複合施設化が計画されている。「船橋の玄関口」である船橋駅の風景は、少しずつ趣を変えている。(保母哲)

 東武船橋店に入居するのは「ビックカメラ船橋東武店」。売り場面積は二フロア合わせて約四千二百平方メートル。女性や家族連れが多い百貨店内であることから、「女性が入りやすい家電店」を目指すとしている。ビックカメラの出店は四十店舗目で、百貨店本館に入るのは初めて。

 十六日には報道関係者向けの内覧会があった。東武百貨店広報部は「デパートにこれまでにない品ぞろえが加わることで、新しい客層の獲得につながる」と話している。

 東武船橋店南側のフェイスビルには「ビックカメラ船橋駅フェイス店」(売り場面積約千六百平方メートル)があることから、船橋駅前は二店舗体制となる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】