東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

タブレット端末を導入 木更津市議会 あす開会、定例会から

タブレット端末の操作方法を学ぶ木更津市議会の議員たち=木更津市役所で

写真

 木更津市議会は二十七日に開会する十二月定例会から、議員二十四人全員にタブレット端末を貸し与える。議案などの審議資料をデータ化してタブレット端末で閲覧できるようにすることで、ペーパーレス化を進めるとともに事務の効率化を図る狙いがある。

 二十一日に市役所で練習会があり、議員一人一人が端末の操作方法などについて説明を受けた。斉藤高根議長は「一歩進んだIT議会として、ペーパーレス化に尽力していきたい」と抱負を述べた。

 市議会事務局によると、タブレット端末で、電子データ化された予算案などの議案が閲覧できる。執行部と文書を共有し、議案の追加や訂正などが簡単にできるのをはじめ、キーワードで目的の文書を検索し、メモを取る機能なども備えている。議員用に加え、事務局職員用などとして計三十一台を導入した。費用は百九十三万九千円。操作に不慣れな議員のために、二〇一九年四月の任期満了までは紙資料も併せて配る。

 県内では山武、南房総市議会などがタブレット端末を使っている。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報