東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

火の鳥舞う 松戸・地下歩道に壁画 ロシア人女性制作

壁画作品「永遠の絆」を制作したアガタ・カザンセワさん(右)とマリア・ベロワさん=松戸市で

写真

 ロシア人の女性アーティストの総指揮で制作が進められてきた壁画が、松戸市の松戸駅南側の地下歩道に完成し、作業を手伝ってきた地元住民らと一緒に喜んだ。芸術都市として知られるサンクトペテルブルクからやって来たアガタ・カザンセワさん(27)。1カ月にわたり市内に滞在し、市民とペンキまみれになりながら「ロシアと日本の懸け橋に」と願いを込め、絵筆を握った。 (林容史)

 金色に輝く一対の巨大な鳥。不死や再生を象徴する鳳凰(ほうおう)と火の鳥が、炎の翼を広げ、天駆ける。タイトルは「永遠(とわ)の絆」。カザンセワさんが夢で見た光景をそのまま表現した。

 サンクトペテルブルク国立文化芸術大学で美術を学び、現在は壁画の制作や芸術作品の修復などを手掛ける。松戸市の一般社団法人PAIRが、国内外のアーティストを招いて創作活動を支援しているプログラム「パラダイス・エアー」に応募したが、落選。しかし「暮らしに芸術を」と呼び掛ける市民グループ松戸まちづくり会議(堀尾真誠(まこと)会長)が「分かりやすい芸術」とほれ込み、壁画の制作を依頼した。

 「キャンバス」は、JR常磐線をくぐり市街地の東西を結ぶ宮ノ越地下歩道の壁面縦2.1メートル、横16.0メートル。同市出身の現代美術作家の瀧沢潔さんが2011年、東日本大震災による原発事故からの復興を願い、壁のタイルに無数の円を描いたインスタレーション(空間の芸術作品)を制作した。今回、この作品を修復して再生し、さらにカザンセワさんの作品を重ねたコラボレーションが実現した。

 カザンセワさんは11月1日、アシスタントで通訳のマリア・ベロワさん(27)と初来日した。滞在中、小学生を対象にしたワークショップも開催し、同28日に作品を仕上げた。

 お披露目式に着物姿で現れたカザンセワさんは「みんな優しく、応援してくれてうれしかった」と勉強中の日本語で振り返った。「完成した作品から、みなぎるパワーを感じる。帰国しても、この壁画の中にいつまでもアガタが残っている」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報