東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

時計 文字盤に「船えもん」いかが? 船橋市観光協で販売

文字盤に「船えもん」があしらわれた腕時計

写真

 船橋市の産品ブランドPRキャラクター「目利き番頭 船えもん」を文字盤にあしらった腕時計が発売された。ふなばし産品ブランド協議会から「ふなばしセレクション」に認証された、ATELIER SAZANCA(アトリエ・サザンカ、船橋市)が製作した。

 このオリジナル時計は、本体が円形で直径32ミリ。重さ30グラムで、ベルトは牛革製。1個1万8000円(税抜き)。裏ぶたにシリアルナンバーが入っている。市観光協会(ららぽーとTOKYO−BAY西館1階)で販売している。

 また、同協議会は、船えもんのボールチェーン付き縫いぐるみの販売を始めた。高さ9センチで、販売数は2000個。1個600円(税込み)。市観光協会などで販売している。

 問い合わせは、いずれも市ふなばし観光・ブランド創造室=電047(436)2473=へ。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報