東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

100回記念の来夏 甲子園に県代表2校 高野連、東西地区割り決定

 来年夏の第100回全国高校野球選手権記念千葉大会で、県内から代表2校を選出することになり、県高野連は14日、東千葉大会と西千葉大会の地区割りを決めた。

 県高野連によると、秋季高校野球県大会地区予選のブロックごとに、東千葉大会は、第1(千葉市など)第6(成田、銚子市など)第7(館山、茂原市など)第8(木更津、市原市など)の4地区の88校で実施。

 西千葉大会は、第2(船橋、習志野、鎌ケ谷市)第3(市川、浦安、松戸市)第4(柏、流山市など)第5(我孫子、佐倉市など)の4地区の84校で行う。

 県高野連は「東西の学校数や今秋の県大会の成績とともに、2007年以降に夏の甲子園出場経験のある学校がばらけるように配慮した」としている。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報