東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

空港の多彩な仕事、成田の児童ら体験 ANAが航空教室

写真

 航空会社の多彩な職種をANAグループ社員が講師となって伝える航空教室が、成田市立新山小学校であり、五、六年生七十人が成田空港で働くパイロットや整備士の仕事内容を体験し、心構えに触れた。

 パイロットは、飛行時間と機体の揺れ方の兼ね合いを例に、フライトプランをどう立てるか児童に考えてもらい、「皆で議論し、最適な答えを見つけるチームスピリットを大切にしている」と説明した。客室乗務員からはライフベストの装着の仕方を実物で学び=写真、地上誘導員のマーシャラーからはパドルで飛行機を誘導する方法を教わり、飛行機の映像に合わせて合図を送る体験をした。

 六年の成田修平君(11)は「グランドスタッフが手話や外国語でもコミュニケーションを取っていることを知って驚いた。今度、成田空港で実際の仕事ぶりを見てみたい」と話した。

 ANAグループの体験型キャリア教育プログラム「ミライつく〜る」として開催。今年十月に始まり、全都道府県で一校ずつ開催していく。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報