東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

開通3カ月遅れ、来年6月の予定 外環道三郷南−高谷

 来年三月までの開通を見込んでいた東京外郭環状道路(外環道)の三郷南インターチェンジ(IC、埼玉県三郷市)−高谷(こうや)ジャンクション(JCT、市川市)間一五・五キロについて、国土交通省とNEXCO東日本は、同六月にずれ込むと発表した。一部工事に時間がかかり、当初予定より三カ月遅れる。

 難航しているのは、京葉道路市川IC近くで、外環道と県道市川浦安線を交差させる工事。県道の下に高速道路とランプ(連絡路)を建設した後、国道298号の高架橋を設ける。橋の落下事故に備えた周辺道路の安全対策を強化したため、作業工程が遅れるという。

 三郷南IC−高谷JCT間は一九七八(昭和五十三)年に着工した。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報