東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

燃え上がる炉に感謝の5万体 成田山新勝寺で「お焚き上げ」

燃え上がる炉に護摩札を投入する僧侶たち=成田市の成田山新勝寺で

写真

 成田市の成田山新勝寺で二十八日、「納め不動」とも呼ばれる年の瀬の伝統儀式「納め札お焚(た)き上げ柴灯大護摩供(さいとうおおごまく)」が行われた。

 智慧(ちえ)の炎にかざして本尊の不動明王の力が宿った護摩札を、再び炎に返して一年間のご加護に感謝する儀式。たき上げる護摩札や護摩木は、この日約五万体を受け付けた。

 善男善女で幾重にも取り囲まれた屋外の道場に山伏姿の僧侶約二十人が入り、悪魔払いや道場を清める儀式の後、中央の炉に点火。真言を唱えながら、激しく燃え上がる炉にお札を次々と投げ入れた。

 東日本大震災の被災地支援として、津波で流された岩手県陸前高田市の高田松原の松で作った「大勝御守」を、導師が炎にかざして清め、震災で亡くなった人の供養と一日も早い復興を祈願。高田松原の松材も炉に投じられた。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報