東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

市船の「諦めない」 川崎初Vに生きた OBの鬼木監督が市長に報告

松戸徹市長(右)に優勝記念マフラーを贈る鬼木達監督=船橋市役所で

写真

 サッカー・J1で今季初優勝した川崎フロンターレの鬼木達(とおる)監督(43)が二十六日、船橋市役所を訪れ、松戸徹市長に報告するとともに、報道陣の取材に応じた。鬼木監督は同市出身で、市立船橋高校サッカー部OB。Jリーグ最終節では勝ち点が並び、得失点差でタイトルを獲得する劇的な展開だったが、「市船で学んだ『諦めない』が生きたと思う」などと語った。

 鬼木監督は船橋市立習志野台第二小の三年生のときからサッカーを始めた。市立船橋高時代には全国高校総体で準優勝し、Jリーグが幕開けした一九九三年、鹿島アントラーズへ。二〇〇〇年から川崎フロンターレでもMFとして活躍し、育成コーチなどを経て、今年から監督に。就任一年目で優勝に導いた。

 市立船橋高時代を振り返り、「(練習は)厳しかったが、選手同士の仲間意識も強かった。一生懸命やれば結果は出る、気持ちで負けない、諦めない−ということを学んだ」。今季のJ1でも「前半から中盤まで苦しい試合が続いた。でも、選手たちは辛抱強く戦い、最後まで諦めなかった」ことが、初優勝につながったと説明した。

 監督として心掛けているのは「選手のやる気を失わないようにすること。それに、現状に満足せず、常に高い目標を持つよう指導すること」と話した。

 松戸市長は「市サッカー協会をはじめ、多くの市民が優勝を喜んでいる。来シーズンも頑張ってほしい」とエールを送っていた。 (保母哲)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報