東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

我孫子の散策 楽しんで 「あびバス」マップ全路線完成

表裏をいっぱいに使い、布施ルートと根戸ルートの見どころ情報を詰め込んだ第4弾のマップ

写真

 我孫子市内を循環する「あびバス」の沿線を案内する散策マップの第四弾「布施ルート・根戸ルート編」が完成した。シリーズ最終号で、これにより全五路線のマップが出そろった。市の担当者は「市内のバス遊覧と街歩きを楽しんで」とマップの利用を呼び掛けている。

 あびバスは、民間のバス会社の路線がない地域を中心に市が運行させている。沿線には緑豊かな自然や知られざる名所が点在しており、市は観光資源の掘り起こしとバスの利用促進を目的に、市民グループ「我孫子の景観を育てる会」の協力で、二〇一四年からマップ作りに取り組んできた。

 これまでに「船戸・台田ルート編」「栄・泉・並木ルート編」「新木ルート編」の三路線分を発行。最終号では二路線分をまとめて取り上げた。マップには、沿線の見どころや散策のモデルコース、バス停からの距離などを掲載し、バスの時刻表を挟んだ。

 最終号では、志賀直哉の作品舞台となった布施ルートの農村風景、根戸ルートが回遊する里山の通称・根戸森などを紹介している。両ルートで共通する、北新田の土手から望む利根川流域のパノラマも、お薦めという。A3判の折り畳み式で、表裏いっぱいを使い、写真や図も盛り込んだ。

 マップは、JR我孫子駅前の観光案内所アビシルベをはじめ、市内の公共施設で配布する。第三弾までは人気で、既に品切れ状態だが、市のホームページからダウンロードできる。問い合わせは市都市計画課景観推進室=電04(7185)1529=へ。 (堀場達)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報