東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

旧北谷津清掃工場を建て替え 千葉市方針26年4月稼働目指す

 千葉市は、旧北谷津清掃工場(若葉区北谷津町)を建て替える方針を発表した。今後、旧工場を解体し、二〇二一年四月に建設工事を始め、二六年四月の稼働を目指す。

 旧北谷津清掃工場は、一九七七年度に稼働し、二〇一七年三月に停止した。新清掃工場の建設予定地の面積は、約三万一千七百平方メートル。焼却炉を三つ備え、一日に計五百八十五トンのごみを処理する。

 一八年四月に入札の参加業者を募り、同十二月までに事業者を決める予定。事業者は、新清掃工場の設計、建設、建設後の運営と、維持管理も行う。

 同市のごみ処理は現在、新港清掃工場(美浜区)と北清掃工場(花見川区)が稼働している。若葉区の新清掃工場を稼働させた後、新港清掃工場を停止させ、老朽化した焼却炉を交換する整備工事を始める予定。

 市は〇六年度からごみのリサイクルを進めて焼却ごみ量を削減し、同年度は約三十三万トンだったが、一六年度は約二十四万六千トンに減った。 (中山岳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報