東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

千葉と松戸の水道施設公開 国の登録有形文化財を記念

千葉市の千葉分場1号配水池(県水道局提供)

写真

 県水道局は、千葉分場1号配水池(千葉市中央区矢作町)と栗山配水塔(松戸市栗山)が昨年十月に国の登録有形文化財に登録されたのを記念して、両施設の見学会を二月四日午前十時〜午後三時に開く(入場無料で荒天時中止)。 (村上豊、林容史)

 千葉分場では、1号配水池や千葉高架水槽の外観などについて職員が説明。階段で屋上にも上れる。栗山配水塔は栗山浄水場内にあり、配水塔から東京都内や市川市の景色を展望できる。両所とも、小学生対象の写生会や検針業務の体験、災害に備えての非常用給水袋を使った応急給水体験などのイベントがある。

 1号配水池は、一九三七(昭和十二)年に建設され、現在も市内に配水している。鉄筋コンクリート造りの半地下構造で内径二十九メートル。屋上に芝が張られ、中央には直線的なデザインのアールデコ風の水位観測塔がある。

 栗山配水塔は、同年に建てられた円筒型の高架水槽(高さ三十二メートル)で、下部に従い壁が厚くなる耐圧構造で、ドーム状の屋根には藤棚のようなパーゴラ風の四本柱の換気口が付いている。現在も松戸、市川、船橋各市の計約二十万人に飲み水を供給している。

 太平洋戦争時には、米軍の攻撃目標にならないよう塔全体を黒いペンキで塗って戦火を逃れたという。数度にわたり補修や塗装を重ねたが、建築当時の姿を保つ貴重な建造物として、地域に親しまれている。

 問い合わせは、県浄水課=電043(211)8683=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報