東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

不合格23人を「補欠」 千葉大付属中で入試発表ミス相次ぐ

 千葉大学教育学部は、二十四日の付属中学校入学試験の合格発表で、不合格の二十三人を補欠合格とするなどのミスがあったと二十五日に発表した。この他、補欠合格の六十五人を不合格とし、八人の受験番号を合格・補欠合格の両方に載せるミスもあった。

 午前九時の掲示板やホームページでの発表後、受験生側からの指摘で気付き、三十分後に訂正し、該当する受験生に連絡。表計算ソフトで合格者一覧を作る際、教員の確認が不十分だったとしている。

 同中学には三百二十二人が受験。五十九人が合格し、七十九人が補欠合格だった。

 県庁での記者会見で千葉大教育学部の小宮山伴与志学部長は「受験生と保護者に動揺、失望感を与え申し訳ない」と謝罪した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報