東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

成田空港 航空旅客、初の4000万人突破 17年、訪日外国人が押し上げ

 二〇一七年の成田空港の航空旅客数が四千六十八万七千四十人となり、一九七八年の開港以来、初めて四千万人を突破した。国際線の外国人旅客数が前年比11%増と大幅に伸びたのが要因。成田国際空港会社(NAA)が二十五日に発表した。

 NAAによると、国際線、国内線全体の旅客数は前年比で4%増、百六十三万人余りの増となり、四年連続で開港以来の最高を更新した。訪日外国人では中国や韓国、香港からの旅客が押し上げた。

 格安航空会社(LCC)を中心とした国内線も、関西線や新千歳線を中心に好調で、前年比8%増の七百五十四万二百四十九人となり、開港以来の最高を八年連続で塗り替えた。

 航空機発着回数は前年比3%増の二十五万一千六百三十九回で、初めて二十五万回を突破した。七社の新規乗り入れ、十社十二路線の新規就航のほか、アジア方面を中心とした増便が相次いだ。

 夏目誠社長は「外国人旅行客急増という追い風の中、空港の利便性や快適性向上のための施策を展開したことも相まっての四千万人突破」と分析した。 (小沢伸介)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報