東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

障害者ら移動、楽に 福祉タクシー県助成 五輪・パラ 盛り上げへ

福祉タクシーを体験乗車する今井友明さん(手前)と森田知事=県庁前のロータリーで

写真

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、障害者の県内移動を楽にしようと、県は福祉タクシーの購入費用の一部補助を始めた。3月までに111台を補助する予定で、20年までに440台が導入されることを目指す。

 県は昨年、助成制度を設け、スロープやリフトを装備した車両について、最大で価格の3分の1を補助。障害者や高齢者、ベビーカーの親子連れの利用を見込む。

 県庁で先月末、福祉タクシーの出発式があり、スロープの傾斜が緩やかなトヨタ製の「ジャパンタクシー」が登場。県出身でリオデジャネイロパラリンピックのウィルチェアラグビー銅メダリストの今井友明さんと、森田健作知事が乗り心地を試した。

 森田知事は「屋根が高く圧迫感がない」と絶賛。今井さんは「雨の日でもぬれずに乗れる。このタクシーで海外からの選手、観光客をお迎えし、オリンピック・パラリンピックを盛り上げてもらえたらいい」と期待した。 (村上豊)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】