東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

ダイヤモンド富士 18日から見えます 千葉市、観賞スポット紹介

ポスターを手に、ダイヤモンド富士の観賞を呼び掛ける市職員=千葉市役所で

写真

 富士山頂近くに夕日が重なる「ダイヤモンド富士」が、千葉市の人工海浜などで十八〜二十七日の各日午後五時すぎ、観賞できる。同市は観賞スポットや関連イベントをまとめたマップを作るなどし、PRしている。(中山岳)

 ダイヤモンド富士は、天候や場所などの条件がそろうと見られる自然現象。千葉市は、マップでZOZOマリンスタジアム周辺(美浜区)や、千葉ポートタワー展望室(中央区)など八カ所の観賞スポットを紹介。マップは六カ所の区役所などで配り、市観光協会のホームページからもダウンロードできる。

 十八〜二十六日は、船上からダイヤモンド富士や臨海部の工場夜景を楽しむクルーズが、ケーズハーバー(中央区中央港)から特別運航する。十八日と、二十三〜二十六日は午後四時五十分ごろに一便出航。二十四〜二十六日は、午後四時五十分ごろと、午後五時十分ごろ発の計二便を運航する。料金は中学生以上三千円、小学生(保護者の同伴が必要)二千円など。

 クルーズの参加には、運航前日の午後五時までに予約が必要。予約や問い合わせは午前十時〜午後六時にピアゼロワン=電043(243)5100=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報